フォローが万全なら仮性包茎治療後の不安はない

仮性包茎治療を検討する時の不安

仮性包茎は比較的症状が軽いものなので、それだけ治療を考えた時に不安を感じます。
いつの時期に実施するのが良いか、手術は痛みがあるかなどと考えると治療を躊躇してしまいます。
症状が軽いだけにこのまま生活において問題がなければ放置しても構いませんが、どうしても気になる、カントン包茎に近い状態でむく時に痛みが生じるなどの時は早目の治療が必要です。
なぜかというと成長期を過ぎると改善は怒らず、無理に亀頭を露出させたために出血や亀頭の一部がうっ血などを起こすことがあるからです。
痛みに関しては、仮性包茎の手術時には麻酔を施して行うのでほとんどありません。
まったくないと言えば嘘になりますが、通常なら我慢できないものではなく、どうしても痛みが不安な方や痛みに弱い人には、いくつかの種類の麻酔を組み合わせて手術を実施できます。
仮性包茎の手術を検討している方は、まずはクリニックで不安について相談することをおすすめします。

治療後のフォローで仮性包茎の手術の不安を一掃

仮性包茎手術で一番不安に感じるのが術後のフォローです。
これについては実施する施設で方法が異なるので、自分にあったものを選ぶことが大切です。
よくある不安は術後に痛みはあるのか、普通の生活ができるのか、排尿は?いつからセックスができる?などです。
通常の流れは日帰りで手術を行い、後日抜糸などの定期的な通院を行います。
術後はペニスは包帯を巻いた状態で、入浴後や汚れた時は巻替えます。
薬は痛み止めや抗生剤などを服用するので、感染の防止や痛みのコントロールは万全で、排尿も治療の後すぐに行うことができます。
セックスは治療後2週間程度経過すると行うことができ、普段の生活においてはなんら問題はありません。
施設によって異なるフォローは使用する糸が皮膚に吸収される機能のあるものだと抜糸の必要がなく、入院が可能な施設では通院や自分で包帯を巻きなおす手間がありません。
仮性包茎治療後のフォローはネットなどで調べると、施設ごとのやり方が説明されているので、自分にあった方法を見つけることが不安の解消になります。

まとめ

仮性包茎の治療を考えている人は、痛みや治療を開始する時期、本当に治療が必要かと不安に感じます。
痛みも麻酔で緩和され、治療は症状が重い時には早めにすることが必要です。
j術後に自宅に帰った時の状態に不安を感じる方もいます。
しかしこの点も施設ごとにフォローの仕方は違えど、抜糸や通院で解消できます。
フォローの方法は施設ごとに違いがあるので、ウェブなどで調べて自分にあったやり方の施設を調べることが大切です。

ブックマークする パーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。