仮性包茎治療の痛みに関する不安

仮性包茎治療の痛みの不安は手術時と手術後の二つです

仮性包茎治療を受けるにあたり、痛みの不安を覚える人は非常に多く見られます。
仮性包茎治療の痛みの不安は、主に手術時と手術後の二つに分かれます。
仮性包茎治療を行う場合には、全て局所麻酔を施して行われることになるでしょう。
包茎治療の際に感じる痛みの多くは、局所麻酔を行う場合であり、この麻酔が終われば、誰もが施術中は痛みを感じることはありません。
仮性包茎治療の痛みを軽減するポイントとしては、この局所麻酔の際の痛みをどうやって抑えることができるかが重要です。
局所麻酔は名前からも分かるように、局所に麻酔を施す方法であり、仮性包茎治療の場合には、陰茎に直接注射を行うことになります。
陰茎に注射を打つと聞くと、ものすごく痛いのではないかと不安になるかもしれませんが、熟練の医師が行うことにより、痛みはほとんど感じられない程度まで抑えることができるでしょう。
この注射が終われば、誰もが数時間は患部の痛みはなくなります。

どうしても仮性包茎治療の痛みの不安が強い場合には

中には仮性包茎治療を受けるにあたり、痛みの不安が非常に強いというケースもあるかもしれません。
このような場合に備えて、眠っている間に治療が終わるマスク麻酔や静脈麻酔などを用意しているクリニックも多く見られます。
冷却スプレーや表面麻酔などを行って麻酔を打つ時にも無痛にすることが可能となります。
マスク麻酔とは口と鼻を覆う小さなマスクのことを指し、呼吸をするわずか数十分の間に眠ってしまいます。
子供の手術などでも行われる方法で、比較的安全性が高いと言えるでしょう。
静脈麻酔は点滴を行いながら眠くなるものです。
前日の夕食は早めに済ませて手術までに食事を取らないように注意が必要であるため、希望する場合には、事前に申し出るようにしましょう。
中には仮性包茎治療が終わった後に麻酔が切れて痛みが出る不安がある人も多いですが、痛み止めを処方されそれを服用することにより、強い痛みを伴うことはありません。
とはいえ安静にすることを心がけましょう。

まとめ

仮性包茎治療にあたり、痛みに対する不安を感じる人は多いですが、多くの場合治療中は麻酔を施すことになるので、それほど心配はありません。
それでも強い不安がある場合には、さらなる方法も準備されているので、まずはカウンセリングの際などに相談を行うようにしましょう。
手術後に関しても、効果の強い痛み止めが処方されるため、麻酔が切れる前の段階で服用するようにしましょう。
3日もすれば痛み止めの服用も必要なくなるはずです。

ブックマークする パーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。